LINEで送る
Pocket

carrer_hakunetsu_2_fb-01

 

2017年9月23日(土・祝)、自由が丘リンツショコラカフェにて、NEXT STAGE PROJECT Presents「ミドルハイ世代のキャリア白熱教室 Vol.2」を開催いたしました。
第1回イベントにお越しいただいた4名の方全員と、新しく1名の男性にご参加いただき、ファシリテーターのWAKA(NSP3期生)、プロデューサーの宮本実果を加えた、ワーク&ディスカッションイベントとなりました。
なお、3期生はWAKA1名のため、当日はNSP1~2期リーダーのYUKO、2期メンバーのうららでイベントのサポートをさせていただきました。

 

キャリアの棚卸しで新しいキャリアを発見しよう

「ミドルハイ世代のキャリア白熱教室 Vol.2」のテーマは、「キャリアの棚卸で新しいキャリアを発見しよう」。前回イベントのディスカッションで挙がった意見をふまえて企画されました(詳しくはCHIKAによるVol.1のレポートをご覧ください!)。
自分のキャリアを活かし、また、これから新しいキャリアを築いていくためのワークとして「キャリアの棚卸し」をし、ディスカッションを通して「自分の軸」をみつけ、「挑戦したいこと」を考え発表する、という盛りだくさんの内容となっており、大変濃い2時間となりました。
今回も30代~60代という幅広い年齢層の方にご参加いただきましたが、ミドルハイ世代の方は今まさに直面している問題として、そうでない方も危機感を持っている方が多く、ワークもディスカッションも興味深く取り組んでくださったように感じます。

 

【ワーク】キャリアの棚卸し

イベント説明と、メンバー・参加者のみなさまによる自己紹介ののち、ワーク「キャリアの棚卸し」。就活生によく使われるフレームワークを応用したワークです。3期生・WAKAのサンプルを参考に、「WANT(やりたいこと)」「CAN(できること)」「NEED(必要とされること)」をシートに書き込んでいただきました。

IMG_1261_加工

真剣な面持ちでワークに取り組む参加者のみなさん。
私(うらら)も一緒にワークに参加させていただきましたが、昨年とは明らかに違うことをシートに書いていました。自分を取り巻く状況が変わった時に改めて棚卸しをするといいのかな!?と思った瞬間です(個人的な感想ですみません…!)。

 

【ディスカッション】ワークの発表、軸(コア)の議論

参加者のみなさんにご自分の「キャリアの棚卸し」を発表していただき、他の参加者の方にご意見をいただきました。他の方から意見・感想・質問をもらうことによって、ご自身のキャリアへの認識を深めたり、新たな気づきを得た方もいらっしゃったのではないでしょうか。多種多様な業種・業態の方が参加されていたので、質問をする側の方も、ご自身のキャリアに必要なことを積極的に学びとろうとする姿勢がうかがえました。まさに、NSP3期のテーマである「コラボレーション」が創出されている、と感じたハイレベルなディスカッションでした。

 

[ディスカッションの一部をご紹介いたします]

米国公認会計士 Aさん(30代)

Aさん
【WANT】目に見える形でクライアントに貢献できるようになりたい

Aさん
【WANT】将来的には会計士だけでなく(何をやるかは決めていないが)アーティスト活動など幅広い活動で独立したい

Eさん
目に見える形で貢献とは?

Aさん
会計コンサルの一員として仕事しているのですが、どのくらいお客様に貢献できたかというのが今、完全にはとらえられないので、将来的には個人として中小企業や個人事業主を相手にコンサルをして、利益アップを具現化したいです

Dさん
アーティスト活動というのが気になったんですけど

Aさん
幅広くいろんなことにチャレンジした方が、思ってもみなかった仕事が舞い込んでくるかもしれないし、自分の可能性を上げるという意味でもチャレンジしてみたいと思っています

Bさん
会計コンサルとしての自分をアートとしてやっていくのは?

Aさん
そういう発想はなかったですが、あると思います。お客様の問題を伝えるには、数字だけじゃなく、アートのようなものも必要になってくるのかな。自分がどういう人間かをしっかり伝えて、信頼関係を築くのが大切だと思います

Aさん
自分の軸は、仕事においてもプライベートにおいても、お互いの意見を伝え合って信頼される関係性を築けるようになることです

全員分を見るにはここをクリック!

 

 

【発表】挑戦したいこと

IMG_1264_加工
お互いに刺激しあい、白熱したディスカッションの後、それぞれ「挑戦したいこと」を考えてもらい、発表をしていただきました。

Aさん
意見を伝える、議論ができる人間になる

Bさん
2019年度 世帯年収1000万円。そのために、周りにいる人を増やす。クリエイティブを商品化。マーケティング。

Cさん
雇用形態が変わったが、環境の違いに悩まない自分になる(挑戦中)

Dさん
インプット(コミュニケーションなどの勉強)。時間のリストラ

Eさん
英会話(2ヶ月以内)、ホテル買収、音楽フェス開催(5年後)

WAKA
仕事でリーダーシップをとる、タフさを身につける、筋力トレーニング(年内にあと3kg増)

 

短期間でのチャレンジ、中長期にわたるチャレンジ、さまざまな「挑戦したいこと」が出てきました。
ここで発表していただいた「挑戦したいこと」については、12月3日(日)に開催される「ミドルハイ世代のキャリア白熱教室 Vol.3」にて経過をシェアしていただく予定になっています。参加者のみなさんと第3期生のWAKAがどんな行動を起こし、どんなエピソードが巻き起こったのか、次回も興味深く聴かせていただきたいと思っています!

 

まとめ

参加者の方にご記入いただいたアンケートより、イベント全体の感想をご報告します。

・より一層(良い意味で)悩みが増えた
・自分に対して新たな気づきがあった
・みなさん、今と未来をしっかり考えていらっしゃいます
状況に応じて悩み方が違う印象を受けた
・「人生のリスク」についてあまり考えなかったことの甘さに気づいた

前回に引き続き、幅広い年齢層、そして職種・立場の方にご参加いただくことができ、ワークとディスカッションを絡めて展開することで、さらに濃厚なイベントになりました。
WAKAが、卒業生たちの意見を取り入れながら練りに練った企画と、イベントでの傾聴、パワーアップした感のあるファシリテーションも満足度が高かったのではないかと思っています。
そして、WAKAの報告ブログにもありましたが、「信頼」というワードが随所で飛び交い、どんな職種、立場でも共通して大切にしていることなのだと再認識できるような貴重な場でした。
12月3日の「ザ・ファイナル」も期待していてください!

 

最後に

今回も、リンツショコラカフェ 自由が丘店様にお世話になりました。
美味しいケーキとチョコレートドリンク、落ち着いた空間が魅力のお店です。
12月のイベントも、こちらでの開催となります!

アンケートにて、「内容が濃い分、時間がタイト」とのご意見をいただきました。
……ですよね!!
前回も思ったことですが…内容が濃密すぎて時間がたりない!という、非常に白熱したイベントでした。今回はワークが入ることもあり、第1回よりも30分長い2時間のイベントだったのですが、それでもまだまだ話し足りない、という印象を参加者の方から感じました。
というわけで、希望者の方のみで懇親会も開かれ、13時半頃終了となりました。
次回イベントは2時間でおさまるんでしょうか…ちょっとドキドキしてます!

NSP2期生、うららでした!(撮影/YUKO)

IMG_1259_加工



--
★NSP公式LINE@はコチラから。
友だち追加




Facebookページ
イイね!をお願いします!

NEXT STAGE PROJECT(NSP)とは?

NSPメンバー紹介ページ

LINEで送る
Pocket