LINEで送る
Pocket

デザイナーのうららです。

この12月、NSP第2期メンバーとしての活動を無事終えました。
長いような、短いような…!

メンバーとプロデューサーの支えがあって
「どうにか」というのが正直なところですが、
振り返ると、参加以前よりひとまわりデザインスキルが上がり、
仕事の現場でコミュニケーションスキルを使って
信頼を得られる自分になったと思います!

 

できる人になりたかった。

私は当初、
「今より自分の仕事に自信を持っていたい。
バランス感覚を身に着け、心身ともに余裕が持てるようになりたい」
と、目標を立てていました。

34歳の時、DTP(紙媒体の制作)のオペレーターの仕事に就き、
3年目を迎えていましたが、
いわゆる「グラフィックデザイン」には自信がなく、
美大卒の若いデザイナー達に引け目を感じて
「デザインがやりたい」と言い出せずにいた頃、
NSPへの参加を決めました。

NSPでは、ロゴのデザインにはじまり、
WordPressでのweb制作、
イベント告知用のランディングページやバナーの制作、
イベントで使うスケジュールやアンケート、
メンバーの名刺、イベントのチラシ…
と、いろいろなものを作りました。

それはそれは、場数ふませてもらいました!
デザインって大変だけど楽しい!

 

コミュニケーションの訓練。

でもNSPは、制作スキルをアップさせるのが目的のプロジェクトではありません。

普段、会社では営業をはさんでクライアント相手の仕事をしている私にとって、
チームで本音をぶつけあい、
制作物やイベントを完成させていく、というプロセスは、
言われたとおりにものを作るだけの「オペレーター」から脱却したい!
と思っていた私にとって必要な「訓練」でした。

NSPの1回目イベントを終えた頃、
不思議にもそのタイミングで会社の組織の改変があり、
デザインの部署へ異動することになりました。

状況は思いのほか険しく、退職者が何人も出るなか、
望んだ仕事とは違う役割を求められ、
その上で他の人と力を合わせて仕事をこなしていくには
コミュニケーションスキルが必須でした。

自分のできることを発信する、
わからないことを教えてもらう、
社内外の誰かに仕事をお願いする、
上司に思ったことを伝える…

なんだこれ、こんなに自分から考えて行動したことないぞ!?
って感じでした。

完璧ではないと思うし、
NSPでも職場でも弱いところをたくさん見せましたが、
投げ出さずにどうにか乗り切れて、仕事の幅も広がりました。
それは、NSPの研修・活動の積み重ねがあったからだと感じています。

 

NSPのここがすごい。

NSPの研修は、その場だけのものではありません。
難しくて消化できないものもたくさんあったけれど!
特に傾聴の研修は、ロープレをたくさんやりました。

デザインの仕事は、基本お客さまから受けるもの。
決してひとりで黙々とやっていればいいものではありません。
私の傾聴のスキルは、やっとなんとなく身についたところで、
まだまだ「伸びしろ」がある状態ですが、
これからのデザインの仕事に絶対活きてくると思っています。

そして、プロジェクトメンバーがみんなで同じ研修を受けて、
プロデューサーがきちんと向き合ってくれる環境というのは、
なかなかないんじゃないかな…と思います。

イベントの企画・運営で、向いてないなと思ったり、
自分の欠けているところにたくさん気づかされたりもしましたが、
それもそれで、自分の特徴をきちんと知るきっかけになりました。

とにかく、貴重なプロジェクトに参加できて、
本当に自分のためになったと思っています!

 

みんながいるからがんばれた。

2期生のみんなには
「こんな私に本音で向き合ってくれてありがとう」
と言いたいです。

大人になるとなかなか他人に本音で向き合いにくいものですが、
NSPは本音が前提。
そして少人数だから、助け合うのが前提。
全員、普段の仕事も、できることも役割も違っているメンバーだったので、
なおさらでした。

私はそういうのはあまり得意なほうではなかったんですが、
初期の頃から「みんながいるから頑張れる」と思っていました。
このチームの一員でよかった。

3期に参加される方、もしかしたら1年後、
思い描いていたところとは違うNEXT STAGEにたどり着いているかもしれませんが、
それも含めて本当に意義のあるプロジェクトです。
思いきり自分と向き合ってください!

ここまで読んでくださってありがとうございました!
よいお年をー!!

 

デザイン:うららうらら

 

 

 

 



--
★NSP公式LINE@はコチラから。
友だち追加




Facebookページ
イイね!をお願いします!

NEXT STAGE PROJECT(NSP)とは?

NSPメンバー紹介ページ

LINEで送る
Pocket