LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは、NSP3期生のWAKAです!

今回はかねてより案内をしていました、NSP3期第2回イベント
『ミドルハイ世代のキャリア白熱教室2nd』の終了報告を致します。

【キャリアの棚卸で新しい自分を発見しよう】

今回は前回開催の「キャリア白熱教室1回目(不安なこと必要なこと編)」の内容を踏まえた上で具体的な行動を決めるべく、「キャリアの棚卸で新しいキャリアを発見しよう」というテーマで開催しました。

本イベントではキャリアの棚卸というワークを取り入れました。
本来キャリアの棚卸は就活生や転職希望者などが自身のキャリアを振り返り、自身のやりたいこと(want)、できること(can)、必要とされること(need)を整理するものでありますが、今回はそれを使って、自身の未来を考え、より実現性の高い具体的行動を決める目的でキャリアの棚卸を使うことにしました。本イベントではその内容を発表し、他者の意見を交わすことによってコラボレーションを起こし、新しい発見をしてもらう、ということを目標に企画をしました。

【印象的だったのは信頼と時間というワード】

イベントには5人の方に参加して頂きました。
さて実際のワーク、発表では、、、

wantできることやneed必要とされることの欄の発表では、今の職場でやりたいことがある方、新しいことを始めようとしている方、今の仕事で悩みのある方、課題を持っている方など、様々な環境や背景があって、その中で問題を感じていることが分かりました。

canできることの発表では、参加者各々の武器を垣間見ることができ、その武器の活用やどのようにその武器を身につけたのか質問が挙がりました。
軸においては、参加者ご自身の人生で大切にしたいものや譲れないものを表現して頂きました。

参加者の方に、キャリアの棚卸及び軸を発表して頂いた後で、その発表に対する意見を交換しました。そこでは忌憚ない意見が飛び交い、「そんな考え方もあったか」と言った発見の声も挙がりました。

”信頼”と”時間”というワードは今回も重要なキーワードになりました。仕事よりも信頼を作る、商品を売りこむのではなく、まず信頼してもらおうということはAIなどが台頭してきている中で対抗できる術であるという話も挙がりました。
そして、より充実したキャリアを育むための、時間、という概念も非常に重要なものです。お金は勿論必要ですが時間が無ければ意味がありませんよね。今回も非常にレベルが高く濃い内容になったと思います。

【濃密な時間にコラボレーションの発見がある】

最後は、挑戦したいことの発表です。キャリアの棚卸や軸の議論を行うことで、課題ややりたいことが明確になった内容を発表して頂きました。「この人はこんな環境でこんなことに挑戦している」と知ることは新しいコラボレーションの発見にも繋がりますね。

ということで、今回も時間が足りなくなるほど、濃い時間を参加者の皆様と創出することができました。今回皆さんはが発表した軸や挑戦が次回の「ミドルハイ世代のキャリア白熱教室3rd」で、より発展できるよう、運営サイドも頑張っていきたいと思います。参加者の皆様、ありがとうございました。
最後になりますが、企画段階から当日までサポートをして下さった、NSP2期生の先輩方ありがとうございました!

 

1506153353477

写真はイベント前日よりプロデューサーの事務所に泊まり込み準備をする様子です。プロデューサー宮本実果お手製の唐揚げは激ウマでした!自由が丘なら高く売れるねと旦那さんとお話しました。

 

 

次回は12月3日、NSP3期生としては恐らく最後のイベントになると思います。
参加者の皆さん、そして自分がより満足できるよう残りの期間も歩み続けたいと思います。

イベントのレポートは後日公開致します!
お楽しみに!

WAKA
waka_web



--
★NSP公式LINE@はコチラから。
友だち追加




Facebookページ
イイね!をお願いします!

NEXT STAGE PROJECT(NSP)とは?

NSPメンバー紹介ページ

LINEで送る
Pocket