LINEで送る
Pocket

YUKOです。

インタビューが続いています!

今回インタビュー担当のMAHOが
ご自身が勤務している社内の“イクメンパパ”お二人に

家事分担や奥様に対する想いなどを

アンケート形式でインタビューしたのでご報告いたしますね

*この記事は№1と№2がございます。

*****************
お二人目は 近藤 港さん  28歳

大手人材派遣関連企業勤務 もうすぐパパ
*****************

*近藤さんのアンケート記入写真

スクリーンショット 2016-05-05 9.59.16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©MICA COCORO

1.家事分担の割合はどのくらいですか

①平日 妻:90% 自分:10%
②休日 妻:90% 自分:10%
※行っている家事…ゴミだし、掃除など

2.理想の家事分担を教えて下さい
①平日 妻:60% 自分:40%
②休日 妻:60% 自分:40%

3.結婚して変わったことはありますか?

ない
→結婚して変わったことはないが、子供ができて奥さんが家にいることが
多くなったので、ひとりの時間が減った。
→(子供ができて)街中などで、やたらと赤ちゃんに目がいくようになった。

4.奥様に感謝していることはありますか?
ある
→家事全般をやってくれている。支えてくれている。

5.奥様が自分のために趣味や勉強に時間を使うことについてどう思いますか?
いいと思う
→良いと思う。女子会などどんどん行って欲しいと思う。
→世間とつながりがあったほうがいいと思う
→ストレスは発散して欲しい
→きれいでいて欲しい

6.5で「いいと思う」と答えた方に質問です
奥様が上記の事をするにあたって、自分はどこまで協力できますか?
→できることは全て。

******アンケート以外のエピソード******

その1「バランスのよい食事は作れない」
ひとり暮らし経験はあるけれど、料理は苦手、とおっしゃる近藤さん。
ひとり暮らしの食事はとにかく食べたいものを食べていたので、
バランスや栄養を考えて…となると困ってしまうそう。
一緒にインタビューさせていただいた村里さんも、
「肉を焼く、がまずレベル高いんだよ!」と盛り上がる!!
インタビューしながら男性の料理あるあるを興味深く聞かせて頂きました。

その2「奥様に対して厳しい事を言えるのは自分しかいないと思っている」
奥様のお仕事はウエディングプランナーだそうです。
どんなに疲れていてもお客様の笑顔を見ると報われる、
と始発で出勤、終電で退勤が続く激務をこなしていた奥様。
妊娠が発覚し、体調がすぐれない中でも頑張ろうとする奥様に
「もうやめたら?」と説得したのは近藤さんだったそう。
『奥さんがやりがいを感じていたのは分かっていたんです。
本当にすごい、自分はこんな生活できない、とも思っていました。
でも、奥さんにやめよう、と言えるのも自分だけだと思いました』
共働きをやめるということ、奥様に大きな決断を促すこと、
近藤さんご自身もたくさん考えて出した提案だったのではないでしょうか。
覚悟や奥さんを思う気持ちが詰まったすてきなお話だと思いました

++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上がお二人に協力していただいたインタビュー内容でした!!

とってもお忙しいところお二人には予定時間を大幅に超えお時間をいただき、

本当に感謝しています!

改めまして、村里さん!近藤さん!ありがとうございました!!

インタビュアーMAHOより

++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上、MAHOからのインタビュー報告でした



--
★NSP公式LINE@はコチラから。
友だち追加




Facebookページ
イイね!をお願いします!

NEXT STAGE PROJECT(NSP)とは?

NSPメンバー紹介ページ

LINEで送る
Pocket