LINEで送る
Pocket

【NSP3期卒業しました!】

みなさん

あけましておめでとうございます!

NSP3期生のWAKAです。
いやもう元3期生の若林ですね。

12月を持ちまして、NSPを卒業しました!
NSPで学んだことの1つに振り返りをきちんと行うということがあります。
行動も大事なんですけど、そこから何を学んだかも大事ですよね。
それが立ち止まることの大切さだと思います。

ということで、以下のように振り返りました。

【活動の振り返り】

1.スタート時に立てた目標はどのように達成できたか?

メンバーシートに記入した自身の目標は下記。
・自分自身のやりたいこと、思考の癖を明確にする。
・社会人としてのスキルを伸ばし、社会や大切な人に貢献をする
・すぐに他に答えを求める癖を治す。自己管理能力を高める。

研修やイベントを通じて、自身がいかに心と集中を乱して冷静なコミュニケーションを取れていないかが分かった。
またそのように、うまくいかない状況になってからが勝負だと思えるようになった。総じて心が強くなった。

上記は、「思考の癖を明確にする」「社会人としてのスキルを伸ばし」「すぐ答えを求める癖を治す」という面の目標に対して、大きな気づきとなった。まだ成長過程だと感じるため、75%くらいの達成感であるが、残りはこれから。

2.コラボレーターとして、どんな活動をしてきたか?

2期生の先輩方やイベントの参加者の方々と意見を交換して、思考を働かせ影響し合うこと。それだけでもコラボレーションだと思っている。1人の思考の幅は限られているが、対話や議論をすることで思考の幅は広がっていく。その感覚を自分自身で感じ、イベント参加者に伝えることができた点がコラボレーターとしての実績だと感じる。

3.NSPに所属して、「知る」「学ぶ」「通用するスキル」となったものは何か?

「傾聴」や「ファシリテーション」がイベントを通して自信になった。
またレスポンスの速さや、他者の価値に対するリスペクト、時間を割いてくれていることに対する自身の準備、といった「他者と接するためのマインド」のようなもの。
上記3点は「通用するスキル」になったと自負している。

「知る」「学ぶ」スキルについてはツールを使ったロジカルシンキング。なかなか使うシーンを見出せず、通用させる機会を創り出せていないと感じる。まだまだ課題である。

4.NSPの研修を受けて、企業内研修や自己啓発セミナー等と違うところはどのようなところか?

・「通用する」ための実行プロセスの状況や感情の変化を、プロデューサーが引き出してくれるところ。
・プロデューサーが10か月という長い目線で一緒に戦ってくれるので、「自身の状況の共有」「体調やモチベーションの上下」「プライベートとの両立」などを感じながら、単発で終わらないビジネスや私生活での関係性を長期目線で学ぶことができる(仕事は人間関係が9割)

5.NSPの研修で一番印象に残った研修は?

「問題点を可視化してビジネスシーンで活かそう」
自身の課題が、何から起因しているのかが理解できた。これは心理学にも精通しており、ビジネスの視点を持っているプロデューサーならではの研修だったと思います。

6.イベントを発案・企画・運営する上で、何が一番苦労したか?(スキル・メンバーとのコミュケーション・時間の創出など)

目的を見失って集中を切らすこと。「イベントで失敗したくない」という自分を守る気持ちだけが先行すると、資料も完璧を目指して逆に準備が進まなかった。イベントを通して成長することや、その上で自身をアピールすること、とあくまで手段だと割り切って臨むマインドを持つまで苦労した。これに気付けたことに大きな価値がある。

7.サポートしてくれた2期メンバーへメッセージ

いつも熱心なアドバイスを頂いてありがとうございました。各々の生活(ご結婚やご出産など盛り沢山でしたネ!)がある中で時間を割いて下さったことに感謝の気持ちでいっぱいです。頂くアドバイスはどれも本質的で、感覚で進んでしまう自分には耳が痛い内容でもあり、正直な話、活動中に全部が全部聞き入れることはできませんでした。ただ、そのような熱を受けること、皆さんの考え方を知って折り合いをつけながら前に進むことで、後から響くことがたくさんありました。おかげ様で成長が加速したと思いますし、これからもそうなると確信があります。本当にありがとうございました。

8.4期生に向けたメッセージ

4期生はあるのかどうかわからないですけど、プロデューサーのことなんで、誰も考え付かないような新しい形で、研修やイベントが行われると思います。誰も考え付かないことなので、答えなんてどこにもなくてそれは楽しいですけど、辛い事の方が多いと思います。それくらいの経験しないと学ぶものは無いかなと今では思います。一方で心配は全く要りません。プロデューサーが絶対に支えてくれますし、卒業生の私自身も何かしらで関わって一緒に学ぶことになると思います。どんな4期生がどんなことから、どんなことを感じて学びどんな風に成長していくのか楽しみにしています。

【最後に】

何を学べたか、それを伝えるのはとても難しいです。
なぜなら私にしかできないことをやってきたからだと思っています。
これからは自分自身が他人に社会にどんな影響を与えることができるか、
もっと強かに挑戦していきます。

最後に、活動を通して、様々な方に応援して頂きました。
1人では絶対に学ぶことができませんでした。
関わって頂いたみなさんに感謝申し上げます。

ひとまずですが、10か月の間大変お世話になりました!

ではまたどこかでお会いしましょう!

waka_web

 

 

 

 

 

WAKA



--
★NSP公式LINE@はコチラから。
友だち追加




Facebookページ
イイね!をお願いします!

NEXT STAGE PROJECT(NSP)とは?

NSPメンバー紹介ページ

LINEで送る
Pocket